足のむくみが起こるメカニズムと高齢者に起こりやすい原因について

人間の体の6割は水分でできています。そしてその水分は心臓のポンプ機能によって全身に巡っています。しかし、満遍なく体に巡っているかというとそうではありません。体の中でも足というものは下半身に含まれ、”下”という漢字が付くだけあって立っていても、座っていても常に下側に位置しています。そして地球上には重力というものが働いている為、体の中の水分は重力によって下側に移動しやすく、必然的に下半身である足に貯まりやすくなります。このようにして水分が足に貯まってしまった状態が足のむくみとして出現します。また様々な年齢層の中でも足のむくみが一番起きやすいのは高齢者といわれています。ではなぜ高齢者は足のむくみが起きやすいのか。先ほど述べたように体内の水分は心臓のポンプ機能によって全身をめぐっていますが、ポンプの働きを担っているのは心臓だけではありません。足にあるふくらはぎも心臓と同じようにポンプの役割を持っており、足に貯まった水分を送り出す役割を担っています。しかし高齢になってくると、加齢や運動不足などが原因でこのふくらはぎの筋力が低下してしまい、心臓へと送り返す力が弱くなってしまいます。その為、高齢者は足のむくみが起きやすいのです。
むくみにルピエライン