渡り鳥の雑学

季節の変わり目になると渡り鳥はキレイなV字編成で上空を飛行していきます。渡り鳥の多くは中型~大型の鳥で、空気の抵抗を多く受けてしまいます。空気の抵抗を受けることによって渡り鳥も少しずつエネルギーを消耗していくのです。少しでもエネルギーを節約するために、空気抵抗の最も少ないV字編成で飛行しているのだとか。これ以外にも渡り鳥は驚くべき能力が隠されています。
不眠不休で挑む超長距離移動能力あることをご存知でしょうか?渡り鳥の種類によって異なりますが、最も移動距離が長いとされる種族は小型の鳥のキョクアジサシです。驚くべきことにグリーンランドと南極の間を行き来するような話です。こんなに離れているのによく移動できますよね。
渡り鳥がこんなにも長距離を移動できるのは、前述したV字編成のおかげもさることながら、完全な睡眠を取る必要がないところにあります。実際には特別な眠り方をすることによって睡眠をとっている男節。その方法とは片目をつぶることによって脳を休ませます。そしてもう片方の目をすることによってさらに脳を休ませるわけです。
このおかげで渡り鳥は不眠不休で長距離の飛行を可能にしているのです。ちなみにですがいるかもだけど眠りことができます。人間も同じの眠り方ができたら嬉しいんですけどね。