株の主な危険

株式投資はとても魅力の強い投資の手だてのひとつです。ただし、株の売り買いにはいろいろなリスクも伴います。
株の主な危険としては、値下がり、流動性、倒産などの危険があります。
株式投資には定期預金などとは異なって、元本の保証がありません。
株の初心者は、その危うさを十分に認識して入念に考えて投資を行う必要があります。
私は、某企業の株主優待がうけ取りたいために株式取引を開始したビギナーです。
ついに最近、株式を購入したり、売ったりするのが楽しくなってきました。
株主優待制度も多種多様で、その会社の商品がもらえたり、通常よりも安い値段で買い物ができるので、どの会社の株式を購入しようか迷ってしまいます。株式を売ったことで、利益が出た時の税金は申告分離課税が原則ではありますが、証券会社で開いた特定口座での取引の場合には本人の代理で、その度に20%の税金を源泉徴収してくれます。
確定申告の手間をかけない便利な仕組みですが、損失繰越などをする時には確定申告は必要なのです。
株の売買には現物株という方法以外にもさまざまな投資方法があります。
オプションもそんな中の一つなのです。
オプションには買う権利であるコールというものとプットという売る権利とがあって、めいめいに売買でき、これら4つのパターンの組み合わせによって、自在に投資戦法が組めるようになったデリバディブ投資です。すごく魅力的な投資法ではありますが、それなりの知識が必要となります。株式投資の未経験者にとっては理解できないことだらけに見えるのではないでしょうか。どこの証券会社に口座を開設して資金を投資すればいいのかなど、尻込みしてしまうことが多いです。
誰しもが儲けたいと考えて株式投資をはじめる理由ですが、一年間の取引で利益を出せる方はわずかしかいないでしょう。