妖怪は本当に臭い

昔なじみの話。
ある朝里山を歩いていると酷い悪臭に襲われた生臭い臭いが眼科の河原から立ち上ってくる。
何か死んでいるのか道を降りてみたところ砂地の上に点々と親しみが続いていたぱっと見人が歩いた後のように見える。
あおものようなものが所々にこびりついているようでそれがとてつもなく臭いシミは皮が縁になった場所で途切れていた。
散歩していた近所のおじさんが彼と同じように河原へ降りてきた。
久しぶりにうんこが出たのかおじさんによるとこれは援交と呼ばれる生き物の足跡だと言う。
いわゆるカッパみたいなものなのだとあいつらひの高い家は出てこないからだからしばらくの間暗くなってからはこのあたりをうろつかない方がいいぞそれだけ言うとおじさんは散歩に戻っていった。