周囲に借金のことがバレる

借金のことが家族や会社にバレてしまうのは、弁護士や司法書士の配慮が不足したときに発生しうる事態です。ですが、自己破産や個人再生などの債務整理の方法を選ぶと、裁判を介する手続きが必要になってくるため、身内にバレないようにするのは基本的に困難です。そのため、どうしても周囲の人に借金のことや債務整理のことを隠しておきたい場合は、その心配の可能性が低い任意整理を行うようにしましょう。

専門家の手助けがあれば、まずバレることはありません。特に、債務整理を専門としている法律事務所では、こういったことを事前に把握しているので、周囲にバレないための配慮もしっかりしています。債務整理について、保証人の擁立は可能になっています。ただここで忘れてはいけないのが、免責される金額のすべては保証人のもとに請求がいくということです。

任意整理をした場合はカットした利息の金額が、個人民事再生をした場合は元本から減額された金額が、自己破産した場合は借金の金額すべてが保証人に請求されることになります。裁判所に申立をすれば、保証人は分割で借金返済をしていくことができますが、それをしなかった場合は一括での借金返済を要求されます。

債務整理の時に保証人を立てる場合には、個人民事再生や自己破産を選んだ時、裁判を介するので保証人にも相談しておくようにしておきましょう。また、保証人には債務者に対して弁済請求権というものを持っています。そのため、保証人が支払った金額を請求されることがあります。保証人を立てる時は、保証人との話し合いを大切にしましょう。

過払い金とは、債務者が賃金業者に対して払いすぎていた利息のことをいいます。この利息がない場合は、過払い金をもらうことは当然できません。ですが、長期間に渡って借金を返済している方の場合、過払い金が発生していることがあります。借金を返済している最中なら、過払い金を借金返済の金額にあてることができるので、借金額を減らすことができる可能性もあります。

また、借金の返済が終わっているという場合でも、完済から10年以内の場合は過払い金の返還請求をすることができるようになっています。ですが、依頼した法律事務所によっては、過払い金がもらえていないことを依頼主が気づかないまま債務整理が終わってしまうこともあります。過払い金の説明をきちんと行ってくれる法律事務所では、過払い金の上限がいくらで、何%の返還で和解したかどうかを説明してくれます。

長期に渡って借金返済をしてきたのに過払い金がもらえていない場合は、信頼できる法律事務所へ相談するようにしましょう。

ギャンブルが原因の借金が怖い理由と返済方法